忍者ブログ
平成22年 第12回「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(松江市)有機栽培・JAS認定部門で特別優秀賞を受賞。(食味90・味度83・計173点) 平成25年、第15回魚沼と第16回北京開催運動中! 無農薬魚沼産コシヒカリ生産農家・理想の稲作技術『CO2削減農法』 http://www.uonumakoshihikari.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨年12 月に国家基本問題研究所(櫻井よしこ理事長)の訪印団の一員としてニュー
デリーを訪れた私の関心は、インドが安全保障上、何を「脅威」と考えているかを確か
めることであった。シブシャンカル・メノン首相補佐官(国家安全保障担当)やガウタ
ム・バンバワリ外務省東アジア局長ら政府当局者は、温家宝中国首相の訪印と重なった
こともあって直接「脅威」を口にしなかったが、研究者、評論家、学者の間で「脅威」
と言えば、「国際テロ絡みのパキスタン」と「中国」に決まっていた。

●米軍アフガン撤収後にテロ激化か!

この両者は別個の脅威ではなくて、密接に関連し合っている。インドパキスタン
カシミールをめぐっていかなる対立を続けてきたかは説明するまでもないが、2008 年
11 月にはインド最大都市ムンバイで166 人が殺害され、304 人が負傷する陰惨な事件
が発生している。武装グループ10 人はパキスタンの非合法イスラム過激組織「ラシュ
カレトイバ」だといわれる。インドで会った知識人がおしなべて不安を抱いているのは、
今年7 月から始まり2014 年に完了する予定のアフガニスタンにおける米戦闘部隊の撤
収計画だ。パキスタンの政情不安がアフガニスタンタリバン勢力に有利に働き、パキ
スタンの「タリバン化」が進んだ場合に、インドは非常事態に置かれるというのである。

●中国が朝パに核技術提供!

中国はインドの目にどのような枠割を演じてきたと映じているのであろうか。インデ
ィアン・エクスプレス紙の戦略問題担当編集長ラジャ・モハン氏は、中国が北朝鮮とパ
キスタンに核のノウハウを流し、「核のバランス・オブ・パワー」を操作していると明
言していた。日本とインドを牽制する戦略的意図があるとの指摘は他の専門家からもな
された。米国でも著名な核問題専門家トマス・リード、ダニー・スチルマン両氏が書い
た「核の急行便」には、中国が1982 年から一部イスラムおよび社会主義国に核拡散を
積極的に進めることを決め、科学者を教育して技術移転を進めているとのいきさつが詳
述されている。パキスタンの核物理学者カーン博士が何をしたかを辿たどれば、インド
の懸念は裏付けられよう。
北朝鮮イランイラクを「悪の枢軸」と名指ししたのはブッシュ前米大統領だが、
インドの戦略家の1 人は「北朝鮮パキスタン中国」に同じ名称を与えていた。日本
の緊張感のなさとは比べものにならないが、どちらが異常なのだろうか。(了)

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
772  771  770  769  768  767  766  765  764  763  762 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
魚沼コシヒカリ.com
年齢:
63
性別:
男性
誕生日:
1954/01/01
職業:
農業
趣味:
スキー・読書・インターネット
自己紹介:
私は、魚沼産コシヒカリを水口の水が飲める最高の稲作最適環境条件で栽培をしています。経営方針は「魚沼産の生産農家直販(通販)サイト」No1を目指す、CO2を削減した高品質適正価格でのご提供です。
http://www.uonumakoshihikari.com/
魚沼コシヒカリ理想の稲作技術『CO2削減農法研究会』(勉強会)の設立計画!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

designed by 26c. / graphics by ふわふわ。り