忍者ブログ
平成22年 第12回「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(松江市)有機栽培・JAS認定部門で特別優秀賞を受賞。(食味90・味度83・計173点) 平成25年、第15回魚沼と第16回北京開催運動中! 無農薬魚沼産コシヒカリ生産農家・理想の稲作技術『CO2削減農法』 http://www.uonumakoshihikari.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

国民そっちのけの「党内バトル」が進行中だ!

2010年10月01日(金)現代ビジネス

かつて、かの松下幸之助は言った。

「人事問題は、経営を左右する」

 菅直人首相(63)は、「小沢外し」という道を選択した。小沢一郎幹事長(68)、および彼が率いるグループのメンバーは、一人として閣僚に入らなかった。

 副大臣・政務官ポストの人事で、かろうじて小沢氏を支持する「一新会」の面子にお呼びが掛かったくらいだ。ボスから「打診があったら受けるように。政治は一時も停滞しない」と言われている彼らに断る理由はない。小沢氏の盟友で参謀でもある平野貞夫元参院議員は、今回の組閣を「脱小沢ではない。これは小沢排除だ」と評するが、菅首相サイドの耳に届くのは"負け犬の遠吠え"であろう。

 そんな小沢グループにも、呑気な勢力が存在する。「ひょっとして」などと過信する輩が、周到にある準備を整えていたのだ。民主党議員が笑いながら明かす。

「小沢グループの中で、組閣の当日、部屋にモーニングを吊るしていた御仁がいるんですよ。それも二人も。本人の名誉のために名前は明かしませんが、小沢派で当選回数を重ねている人なんて、そういませんから、すぐ分かりますよ(笑)」

 ただし、「代表選が終わればノーサイド」と言った手前、菅首相が小沢グループに配慮しようと動いたのは事実である。民主党幹部が内幕を解説する。


「改造前の農水相の山田正彦が小沢グループなので、『農水相ポストは小沢派へ』というのが菅の考えでした。しかも、代表選の最中、小沢が頻繁に情報交換していたのは山田で、"小沢側近"をアピールする山岡賢次(党副代表)は相手にされていなかった。
菅には、山岡を閣僚に迎えれば小沢グループの分断を図れるとの計算があったが、そのアイディアを一蹴したのが仙谷(由人官房長官)だった」

 複数の民主党議員から「菅首相は最低一人でも、小沢グループから入閣させたがっていた」との証言が漏れ伝わる。だが、仙谷氏は徹底してNOを突きつけた。

「小沢グループには、(閣僚になるだけの)経歴を踏んだ者がいない」

 仙谷氏の掲げる理由はもっともだが、最初から仙谷氏の「閻魔帳」には「小沢グループ」の「お」の字も記載されていなかったようだ。「閻魔帳」とは、仙谷氏の側近が命名したリストを指すが、そこには当選回数、経験した役職、年齢、所属グループ、党員・サポーター票の結果、内閣情報調査室の"身体検査"、寸評という項目が横列に並び、縦列に入閣候補者の名前が並ぶ。仙谷氏が真っ先に気にしたのが年齢と、小沢グループか否かという点だった。先の民主党幹部が続けた。

「ポイントは、閻魔帳に名前のあった髙木義明の初入閣(文部科学相)だ。彼が所属する民社協会は、代表選で『菅か、小沢か』で分裂した。また、鳩山グループの海江田万里は小沢に票を入れながらも経済財政担当相で入閣した。小沢寄りの人間を処遇して小沢から距離を遠ざける。仙谷はその辺、実に徹底している」

 この徹底ぶりには、菅首相ならずとも「党を割る気か」と気を揉むのは当然であろう。仙谷氏とて「トップが好きか、嫌いか」だけで代表選を実行する幼稚な民主党で権力闘争を再燃させれば、己の足元がグラつくことくらい承知している。だが、徹底した「小沢外し」へと仙谷氏の背中を最後にひと押ししたのは、9月9日の自民党の党役員人事であった。

幹事長になった石原伸晃は早々に『小沢さんが民主党を出ても組まない』と発言しているし、総務会長小池百合子新進党で一緒だった小沢と袂を分かっている。つまり、自民党は世代交代とともに反小沢色が強くなったわけです。

民主党代表選に先駆けて自民党が人事を断行したのは、民主党内の反小沢勢力=仙谷氏に向けて、『菅を勝たせれば、小沢を駆逐できる』とのメッセージを送ったとする清和会幹部もいます」(自民党幹部)

 勝っても負けても小沢氏に存在感があるのは、手持ちのシンパを従えて党を割り、自民党をはじめ他党と手を結ぶのではないかという疑心暗鬼に基づく。だが、その自民党内でも"小沢アレルギー"が高まれば、小沢氏の勢力は削がれる。

 どうやら仙谷氏は、自民党の動きと連動して小沢氏の力を封じるべく、早くから"ナビゲーター"を探していたようだ。前出の自民党幹部が解説する。

「参院選の後、今年7月半ば頃から仙谷は動いていました。選挙に大敗した菅首相の責任論が噴出し、小沢が主導権を握ろうとするのは時間の問題でしたからね。

 そこで仙谷は、

(1)分裂危機の可能性が高まった民主党がねじれ国会を乗り切るため、自民党といかに手を結ぶべきか、

(2)小沢は、本気で菅首相の座を脅かすのか―

という2点に明確な答えを出せるカウンターパートを求めたのです。そして2党の間でフィクサーとして情報を取り結ぶ役として浮上したのが、野中広務(元自民党幹事長)さんだと聞きます」

野中氏は取材を拒否したが、噂の類と斬って捨てることはできない。前出の平野氏は、「小沢外し」の人事について見解を求めた本誌に、こんな証言をしている。

「菅首相という人間は、悪霊に繋がれているのです。仙谷氏は、野中氏と相談してことを進めている。私は直接、野中氏に聞いてますから。7月の末に会った時、『仙谷から、いろいろ相談を受けている』とね。自民党の守旧派の連中と仙谷氏は一緒になって小沢を排除しようとしている。自民党より悪いものに突き動かされているんですよ、この菅政権は・・・」

 小沢氏は最近、自派の若手の会合に顔を出し、不気味なひと言を言い放った。

「衆院は、いつ戦いがあるか分からない。備えておけ」

 幸之助翁の言葉の通り、今回の人事は民主党の将来を左右しよう。そして、事実上は"仙谷政権"で角を突き合わせる民主党幹部には、次の言葉を贈りたい。

「われわれはお互いに相手を尊敬すべきだ。お互いに大した人間ではないのだから」(デール・カーネギー=米の実業家)



*2011年も小沢民主党元代表の足を引っ張る「政治とカネ」の公判の行方!

「裏金1億円」検察側立証で再燃必至の小沢バッシング報道!

2011年01月06日(木) 伊藤博敏

2009年に小沢一郎民主党元代表の事務所を仕切る大久保隆規秘書を電撃逮捕、10年には石川知裕元秘書(現代議士)を執念で逮捕した検察は、11年早々から総決算となる公判で小沢氏と対峙する。

 捜査面でいえば検察の敗北である。

 起訴された秘書らの起訴事実は、第一に、2004年10月、小沢私邸に近い世田谷区の土地を約3億5000万円で購入しながら04年ではなく、05年分の政治資金収支報告書に記載したというもの。第二に、土地代金の原資となった小沢氏からの4億円の借入金を04年分の収支報告書に記載しなかったというものだった。

 普通に考えれば、「記載漏れ」であり、単なる「期ずれ」である。形式犯であって、元秘書とはいえ国会議員にもなっている石川代議士を逮捕するような案件ではない。

 だから、東京地検特捜部は原資の悪質性にこだわった。なかでも1億円は水谷建設の水谷功元会長と川村尚元社長が、「04年、石川に5000万円、05年、大久保に5000万円を渡した」と、詳細に供述している点を捉えて捜査段階で石川被告を追い込み、「(4億円は)表に出せないカネかも知れないと思い、収支報告書に記載しなかった」という供述を引き出した。

 こうした証言が決め手となって、虚偽記載で立件されたが、小沢氏は特捜部の事情聴取に「秘書にすべて任せていた」と虚偽記載への関与を認めず、そのカベを突破できず、捜査は小沢氏に辿り着けなかった。また、1月中に予定される「強制起訴」は、検察審査会法の改正がもたらしたものだが、検察が捜査段階で立証できなかったものを、公判で検事役の弁護士が有罪に持って行くのは難しい。

 当然、小沢氏サイドは強気である。

 小沢氏は被告となって離党を迫られたっとしても、無罪の確率が高い以上、政治的影響力は堅持すると考えている。また、石川被告らの「秘書公判」も、捜査段階では認めた虚偽記載を、「検事にしゃべらされた。実態は、悪意のない記載漏れ」と無罪主張に転じた。

 検察は、今、大阪地検の文書偽造事件の余波でダッチロール状態。補充捜査を行うような気力がない。それどころか、大久保被告を取り調べたのが文書偽造の主犯である前田恒彦元検事ということもあって、「供述調書」そのものの信用性が問われており、逆風下の公判を覚悟せざるを得ない。

しかし、検察にとって一筋の光明がある。東京地裁(登石郁朗裁判長)が、「裏ガネ1億円」と水谷建設元幹部が証言していることについて、検察側が立証することを認めたのだ。

 法廷で立証が行われたら、どうなるのか。

 弁護側は、裏ガネの授受を認めないのだから、検察側は法廷で立証するために、水谷、川村の両名はもちろん、石川被告らを含め、裏ガネの授受にかかわった人物10名近くを証人申請することになった。法廷で、裏ガネの現場が生々しく再現される。

 実際に授受があったかどうかは問題ではない。それが、誰もが傍聴でき、報道される公判の場で蒸し返されるのは、小沢氏にとって大きなダメージとなる。

 しかも、今は水谷、川村両名とも水谷建設を離れ、独立して生計を立てており、「土建業界のしがらみ」がない。それだけに、捜査段階での供述を繰り返すだろう。偽証罪に問われる宣誓のうえでの供述なので信憑性は高いと報じられるだろう。国民の「裏ガネがあったかも知れない」という疑惑は、「裏ガネが渡ったに違いない」と、かなり濃厚なグレーに転化するのではないか。

 さらに、疑惑を濃くするのは、現金授受の現場にいた証人の存在である。

 2回に分かれた資金提供のうち、最初の石川被告の5000万円は、「1対1の授受」なので「カネを渡した」「もらっていない」という不毛の論議が予想される。

 しかし、2回目の大久保被告の5000万円には、大阪市北区に本社を置く土木工事会社の社長が同席していた。しかも、この社長は、自ら小沢事務所に献金するなど小沢氏と近く、そもそも水谷建設と大久保被告を結びつけた人物でもある。この内情を知る人物の公判証言は大きい。

 しかも、公判を通じて小沢氏の「政治とカネ」の問題が蒸し返されると、間違いなくマスコミの小沢バッシングが再燃する。

 攻撃材料は、いくらでも探すことができよう。例えば、水谷建設と大久保被告の親密さを示す向島での「料亭接待」では、大久保被告と親密な芸者が、再度、口を開くことが予想される。「水谷被告とは会った記憶がないし、料亭接待など受けたことがない」と断言した石川被告の供述をひっくり返すような報道もあろう。

 そうした枝葉末節だけでなく、大手紙のなかにはチームを組んで裏ガネ問題を粘り強く掘り下げているところもある。どんな新しい事実を突き付ける「調査報道」が飛び出さないとも限らない。

 材料は出尽くした---。

 小沢氏周辺には、こうした安易な観測をする向きもあるようだが、公判はそれほど甘いものではない。判決より、その過程で問題とされるのは、4億円をいとも簡単に捻出する小沢事務所の「資金力」であり「金銭感覚」である。それが再度、問われ、それは永遠の呪縛となって、小沢氏を貶めるのである。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
639  638  637  636  635  634  633  632  631  630  629 
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
魚沼コシヒカリ.com
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1954/01/01
職業:
農業
趣味:
スキー・読書・インターネット
自己紹介:
私は、魚沼産コシヒカリを水口の水が飲める最高の稲作最適環境条件で栽培をしています。経営方針は「魚沼産の生産農家直販(通販)サイト」No1を目指す、CO2を削減した高品質適正価格でのご提供です。
http://www.uonumakoshihikari.com/
魚沼コシヒカリ理想の稲作技術『CO2削減農法研究会』(勉強会)の設立計画!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

designed by 26c. / graphics by ふわふわ。り