忍者ブログ
平成22年 第12回「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(松江市)有機栽培・JAS認定部門で特別優秀賞を受賞。(食味90・味度83・計173点) 平成25年、第15回魚沼と第16回北京開催運動中! 無農薬魚沼産コシヒカリ生産農家・理想の稲作技術『CO2削減農法』 http://www.uonumakoshihikari.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

中央日報日本語版 1月2日(日)

北朝鮮の金正日(キム・ジョンイル)国防委員長と後継者の金正恩(キム・ジョンウン)労働党中央軍事委副委員長、軍部の核心らがクリスマスイブの24日、異例にも宴会を開いた。 金委員長の最高司令官推戴19周年を迎えてだ。 これまで金正日の最高司令官推戴記念中央報告大会は開かれていたが、宴会は01年に人民武力部が主催して以来9年ぶりだった。 金正日の宴会出席は初めてでもある。 朝鮮中央通信は、李英浩(リ・ヨンホ)軍総参謀長が演説し、宴会出席者らが金委員長の「健康」のために乾杯をした、と伝えた。

専門家らは「5周年の倍数でないにもかかわらず金正日親子が出席して宴会が開かれた点は注目される」と話す。 北朝鮮の天安(チョンアン)艦爆沈(3月26日)と延坪島(ヨンピョンド)攻撃(11月23日)、ウラン濃縮施設の公開、金正恩(キム・ジョンウン)党中央軍事委副委員長の就任など、今年1年間の活動を総決算する意味があるということだ。 政府関係者は「この日の宴会は通常兵器を通した対南攻撃と核能力誇示という2つのトラックを一度に稼働した北朝鮮軍部の自祝宴であり、来年初めの金正日の本格的な核ゲームを控えて開いた団結大会の性格が強い」と話した。

金正日の核ゲームはすでに始まった。 天安艦と延坪島攻撃に隠れているだけだ。 6月25日の労働新聞の論評が火ぶたを切った。 天安艦事件を「南朝鮮の特大型謀略劇」とし、「朝鮮半島はいつでも核戦争が起こりうる一触即発の超緊張状態」と主張した。 核戦争に言及して脅威を与えたのだ。 7月24日、国防委員会はさらに強力なメッセージを投じた。 翌日予定された韓米連合訓練の乙支(ウルチ)フリーダムガーディアン(UFG)を非難し、「核抑制力に基づいた報復聖戦を始める」と述べた。 8月24日、金永南(キム・ヨンナム)最高人民会議常任委員長は「核抑制力に基づいた報復聖戦を始める」と繰り返した。

延坪島攻撃後はさらに露骨になった。 12月13日の労働新聞は論評で、韓国軍の西海(ソヘ、黄海)海上射撃訓練計画に対し、「朝鮮半島に核戦争の火の雲を呼ぶ昼夜の妄動」と表現した。 続いて18日には祖国平和統一委員会(祖平統)が運営するウェブサイト「わが民族同士」の論評で、「この地に戦争が起これば、朝鮮戦争とは比較にならない核惨禍が民族の頭上を覆うことになる」と脅迫した。 23日、金永春(キム・ヨンチュン)人民武力部長(韓国の国防部長官に相当)は「わが革命武力は核抑制力に対するわれわれ式の聖戦を開始する万端の準備を整えている」と述べた。 聖戦と核抑制力を結合するということだ。

金正日の核ゲームは延坪島攻撃の半月前から予告されていた。 2004年1月から6度も訪朝した核科学者ジグフリード・ヘッカー米スタンフォード大国際安保協力センター所長を通してだ。 北朝鮮はヘッカー博士の訪朝期間(11月9-13日)にその間開発を否定してきたウラン濃縮施設現場を公開した。 ヘッカー博士が「驚いた(stunned)」というほどウラン濃縮施設の統制室は完璧だった。 ウランを濃縮する遠心分離機2000基が連結されていた。 六フッ化ウランを入れて1年稼働すれば、核兵器1個分量の高濃縮ウランを得られると推算される。

米国はこの施設の技術水準がイランより進んでいるという分析を出した(ニューヨークタイムズ)。 北朝鮮はヘッカー博士とともにロバート・カーリン・スタンフォード大客員研究員も同時に招待した。 カーリン博士は「2000年に締結した朝米コミュニケが解決方法」という北朝鮮高官の話を外部世界に伝えた。 趙明禄(チョ・ミョンロク)国防委第1副委員長がワシントンを訪問し、オルブライト国務長官に会って締結した朝米コミュニケの核心は「朝米敵対関係の終息」だ。

北朝鮮は16-21日、民主党の対北朝鮮パイプであるリチャードソン・ニューメキシコ州知事を平壌(ピョンヤン)に呼んだ。 リチャードソン知事を通して「国際原子力機関(IAEA)視察団復帰の受け入れ」「核燃料棒国外搬出交渉の用意」などの融和的な案を出した。 要するに軍部を通しては従来の核兵器使用で脅威を与え、ヘッカー博士には新しい核能力を誇示し、リチャードソン知事を通しては対米核交渉の可能性を流したのだ。 核カードを前面に出すという信号とみられる。

2010年の北朝鮮の核ゲームは外形上1994年初めと似ている。 当時、北朝鮮は5MWe原子炉の核燃料棒封印除去をめぐるIAEA査察問題で米国と対立した。 南北特使交換のための実務会談の朴英洙(パク・ヨンス)北側代表は「ソウルはここから遠くない。 戦争が起きればソウルは火の海になるだろう」と述べ、韓半島危機はピークに達した。 金日成(キム・イルソン)主席はジミー・カーター元大統領を招待し、朝米高官級会談と南北首脳会談カードを通して主導権を握っていった。 CNNのアンカーまでが同行したリチャードソン知事の訪朝は当時の雰囲気を連想させる。 もちろん当時は北朝鮮が本格的な核兵器開発の門の入口を越えられなかった時だ。 しかし今は2度の核実験を実施し、核兵器の小型化と核搭載ミサイルの開発も行った可能性が高い。

キム・テウ韓国国防研究院責任研究員は「北朝鮮は韓国に対して通常兵器で挑発し、核恐怖まで助長しながら、韓国社会に極度に委縮させるゲームをしている」と述べた。 ある専門家は「核には核で対応すべきであり、韓国内から撤収した戦術核武器を持ってくるべきだという声が高まるだろう」とし「韓米国防当局の核拡大抑止委員会で、具体的な核の傘対策が用意されなければならない」と強調した。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
612  611  610  609  608  607  606  605  604  603  602 
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
魚沼コシヒカリ.com
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1954/01/01
職業:
農業
趣味:
スキー・読書・インターネット
自己紹介:
私は、魚沼産コシヒカリを水口の水が飲める最高の稲作最適環境条件で栽培をしています。経営方針は「魚沼産の生産農家直販(通販)サイト」No1を目指す、CO2を削減した高品質適正価格でのご提供です。
http://www.uonumakoshihikari.com/
魚沼コシヒカリ理想の稲作技術『CO2削減農法研究会』(勉強会)の設立計画!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

designed by 26c. / graphics by ふわふわ。り