忍者ブログ
平成22年 第12回「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(松江市)有機栽培・JAS認定部門で特別優秀賞を受賞。(食味90・味度83・計173点) 平成25年、第15回魚沼と第16回北京開催運動中! 無農薬魚沼産コシヒカリ生産農家・理想の稲作技術『CO2削減農法』 http://www.uonumakoshihikari.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

DHC
http://ja.wikipedia.org/wiki/DHC 
ケア21
http://www.care21.co.jp/index.html

 化粧品・健康食品の通信販売で大手のディーエイチシー(DHC)がこのほど、介護事業に参入した。まずは東京都内でデイサービスセンターを運営し、既存の化粧品事業との相乗効果も図る。創業者の吉田嘉明会長兼CEOが、介護事業を行っているケア21の株式を個人名義で10%超保有するなどしており、今後、介護事業へのより積極的な投資に発展する可能性もある。

8月に「DHC スマイルガーデン」を板橋区高島平に開設した。午前、午後の各3時間の短時間デイサービスで、リハビリとリラクゼーションに特化し、入浴や食事サービスは提供しない。理学療法士の指導でトレーニングマシンを使った個別機能訓練、足湯、マッサージ、メイクアップ、ドリンクサービスなどを行っている。

 スタッフは10人体制で、うち1人は常駐の理学療法士。板橋区、練馬区、北区をサービス提供範囲と見込み、明るく開放的な場を提供して利用者がおしゃれを楽しみながら通える空間を目指した。「オープン前から予約が入るなど好調な滑り出し」(宣伝部広報課)としている。

 今後は1年以内をめどに、夕方以降や定休日の日曜日に中高年向けのフィットネス事業を開始。また、自社商品の物販を行うなどして介護報酬以外の収入も確保し、経営の安定化を目指す。

 将来的には、重度の要介護者も受け入れる一般的な終日対応のデイサービス、特定施設を含めた高齢者施設・住宅事業への発展も視野に入れている。

 DHCの会員は今年8月現在で約802万人。主力顧客である20―50歳代女性の一部が高齢者層に今後移行することを見据え、同社では2年前から高齢者向け事業への参入を検討していた。

■創業者の吉田会長はケア21の大株主

 関東財務局に提出された今年3月10日付の訂正報告書(大量保有)によると、吉田会長はケア21の発行済み株式の11.87%を保有する大株主。吉田会長の株の買い増しやDHCへの譲渡の可能性、ケア21との事業連携の可能性についてDHCでは、「コメントは控えさせていただく」(同)としている。一方、ケア21では「吉田氏から本件について連絡を受けたことはない」(IR担当)と話している。

( 2010年08月25日 22:34 キャリアブレイン )


*日本最大級の通所介護施設、7月に開業―ステアリンク!
http://www.tanpopo-kaigo.co.jp/onsen/info/index.html

ステアリンクは7月1日、愛知県一宮市に建物面積4300平方メートルの通所介護施設「たんぽぽ温泉デイサービス一宮」を開業する。同社によると、開業する施設は通所介護施設で日本最大級の規模という。

温泉やプール、カジノ、パソコン教室、陶芸教室など200の設備を設置。要介護者向けにリハビリを兼ねたレジャー施設として提案する。最大入所者数は200人。総事業費は約10億円。

 利用者の入退室や設備の使用などに必要な各種手続きを電子化して自動処理する独自開発システムを導入。「非接触型ICカードで個人情報や個別のケアプランを管理することで、職員の作業負荷を軽減できる」(筒井健一郎社長)としている。将来的には独自開発した情報システムを汎用化し、通所介護施設向けシステムとして販売する。

 まず職員20人でスタートし、利用者の状況に合わせて80人にまで増員する。

( 2010年04月28日 17:22 キャリアブレイン )


*ベネッセHD、ボンセジュールを傘下に―低価格帯ホーム拡大へ!

ボンセジュール
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%B3%E3%82%BB%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB

ベネッセホールディングスは2月22日、投資ファンド「ジェイ・ウィル・パートナーズ」から、有料老人ホームなどを運営する「ボンセジュール」の全株式を取得する契約を結んだと発表した。ボンセジュールは、3月下旬にベネッセHDの100%子会社となる。

ボンセジュールは、首都圏・関西圏を中心に有料老人ホームなど22施設を運営。従業員数は512人(昨年12月25日時点)で、売上高は43億7300万円(昨年5月期・9か月決算)。関連会社の「ボンセジュール・バリエ」についても、今年6月に吸収分割を行い、バリエが運営する7施設を引き継ぐ。
 「ボンセジュール」のブランドは今後も残すほか、高橋陽一郎代表取締役ら現任の3人の常勤取締役が引き続き経営に参画する予定だ。
 ベネッセHDでは「ボンセジュール」の取得により、低価格帯ホームの販売拡大を目指すとしている。

( 2010年02月23日 21:15 キャリアブレイン )
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
329  328  327  326  325  324  323  322  321  320  319 
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
魚沼コシヒカリ.com
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1954/01/01
職業:
農業
趣味:
スキー・読書・インターネット
自己紹介:
私は、魚沼産コシヒカリを水口の水が飲める最高の稲作最適環境条件で栽培をしています。経営方針は「魚沼産の生産農家直販(通販)サイト」No1を目指す、CO2を削減した高品質適正価格でのご提供です。
http://www.uonumakoshihikari.com/
魚沼コシヒカリ理想の稲作技術『CO2削減農法研究会』(勉強会)の設立計画!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

designed by 26c. / graphics by ふわふわ。り