忍者ブログ
平成22年 第12回「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(松江市)有機栽培・JAS認定部門で特別優秀賞を受賞。(食味90・味度83・計173点) 平成25年、第15回魚沼と第16回北京開催運動中! 無農薬魚沼産コシヒカリ生産農家・理想の稲作技術『CO2削減農法』 http://www.uonumakoshihikari.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

南魚沼市と湯沢町の職人による「豊料会」

観光客らに魚沼産野菜や山菜のおいしさを料理でアピールし地産地消の拡大につなげようと、南魚沼市と湯沢町の和洋食料理人やすし職人ら13人が企業組合「豊料会」を設立した。県中小企業団体中央会によると、料理人による企業組合は県内では初めて。加工食品開発を手掛け、宿泊施設などに売り込む計画で、今月中旬にはオリジナルメニュー第1弾として津南町特産の雪下ニンジンを使ったレトルトカレーを発売する。

 豊料会は、2008年秋に設立した任意グループをことし3月に衣替えした。これまでは地域イベント向けに弁当を作り出店してきたが、魚沼産食材を使ったこだわりの料理が好評なため事業を拡大する。企業組合として県知事認可を受けたことで、取引先からの信用を高める狙いもある。

同会によると、南魚沼地域のホテルや旅館、割烹では、比較的安い県外や海外産食材の利用が増えてきた。同会は地元農家約15軒と連携し県外産との仕入れ価格差を縮めた上で加工調理、ホテルなどに納めるようにする。すでにスーパー向けに地元食材を使った総菜を納入しており、メニューはダイコンのきんぴらやコゴミの天ぷらなど月120品目に及ぶという。

雪下ニンジンをペースト状にしてルーに練り込んだカレーは、旅館や割烹向けに販売。一般向けにも市内のスーパーなどを通じ、オリジナルのパッケージで売り出す。特産キノコを使ったラーメンも開発中だ。
 
また、季節限定の飲食店をオープンする構想もある。夏の音楽イベント来場者や冬場のスキー客らをターゲットに「魚沼グルメ」を味わってもらう予定。同会はこうした事業展開で、10年度の売上高を約3,000万円と見込み、5年後には1億5,000万円に伸ばす計画だ。

同会の宮田満理事長(48)は「この地域には、魚沼コシヒカリ以外にもおいしい作物がたくさんある。ホテルの食事などを通じ、多くの観光客に知ってもらいたい」と話している。

新潟日報2010年5月6日

中小企業組合設立・運営ガイド
http://www.chuokai.or.jp/k-guide/guide.htm

組合
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%84%E5%90%88

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
95  94  93  92  91  90  89  88  87  86  85 
カレンダー
06 2019/07 08
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
魚沼コシヒカリ.com
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1954/01/01
職業:
農業
趣味:
スキー・読書・インターネット
自己紹介:
私は、魚沼産コシヒカリを水口の水が飲める最高の稲作最適環境条件で栽培をしています。経営方針は「魚沼産の生産農家直販(通販)サイト」No1を目指す、CO2を削減した高品質適正価格でのご提供です。
http://www.uonumakoshihikari.com/
魚沼コシヒカリ理想の稲作技術『CO2削減農法研究会』(勉強会)の設立計画!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

designed by 26c. / graphics by ふわふわ。り