忍者ブログ
平成22年 第12回「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(松江市)有機栽培・JAS認定部門で特別優秀賞を受賞。(食味90・味度83・計173点) 平成25年、第15回魚沼と第16回北京開催運動中! 無農薬魚沼産コシヒカリ生産農家・理想の稲作技術『CO2削減農法』 http://www.uonumakoshihikari.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2011.1.28 21:27 産経ニュース


 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)をにらみ、中国へのコメ輸出拡大を目指す農林水産省と、農産物の流通などを手がける中国の国営企業との会議が28日、都内で開かれた。中国側は、コメをはじめとする日本の農産物の中国での流通拡大のため、北京市内に日本産品を展示、紹介する常設の展示館を設置することを明らかにした。

 中国側は、中国農業発展集団(中農集団)の劉身利会長らが来日して「中国輸出促進会議」に出席し、日本から中国への輸出拡大策について農水省の筒井信隆副大臣らと意見交換した。

 日本は、対中コメ輸出を現在の年100トン未満から20万トンに増やす目標を掲げており、会議はその一環。中国側は、消費者イメージの高い日本のコメや牛肉の流通、販売を拡大させる狙いがある。

 展示館は、農水省も協力し、日本の農産物の安全性や味の優位性をアピールして、富裕層を中心にした消費拡大の足がかりにする。

 促進会議で劉会長は「日本の食品業界との協力の場になると同時に、中国の消費者への日本の農産物の宣伝の場になる」とあいさつ。筒井副大臣も「農林水産物の輸出を強力に進める中で、13億人の人口を抱え、高成長を続ける中国への輸出は大きな課題だ」と、大きな期待を示した。

 展示館は平成23年度のオープンが見込まれ、北京市内のビルで日本のコメや乳製品の展示と試食、販売のほか、イベントなどを行う。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
727  726  725  724  723  722  721  720  719  718  717 
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
魚沼コシヒカリ.com
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1954/01/01
職業:
農業
趣味:
スキー・読書・インターネット
自己紹介:
私は、魚沼産コシヒカリを水口の水が飲める最高の稲作最適環境条件で栽培をしています。経営方針は「魚沼産の生産農家直販(通販)サイト」No1を目指す、CO2を削減した高品質適正価格でのご提供です。
http://www.uonumakoshihikari.com/
魚沼コシヒカリ理想の稲作技術『CO2削減農法研究会』(勉強会)の設立計画!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

designed by 26c. / graphics by ふわふわ。り