忍者ブログ
平成22年 第12回「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(松江市)有機栽培・JAS認定部門で特別優秀賞を受賞。(食味90・味度83・計173点) 平成25年、第15回魚沼と第16回北京開催運動中! 無農薬魚沼産コシヒカリ生産農家・理想の稲作技術『CO2削減農法』 http://www.uonumakoshihikari.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


佐渡ウルトラスーパーコシヒカリ
超々最高級佐渡國マルサ恋屋本舗指定田特栽米
生産者:相田康明 氏
5kg \9,800(税込)桐箱入りは、2,200円増しです。
http://www.ryotsu.sado.jp/donden/kosuge-tatujin.htm

株式会社 北雪酒造
新潟県佐渡市徳和2377番地2
Tel. 0259-87-3105
5kg \9,800(税込)
http://www.sake-hokusetsu.com/home/sake_item_00.asp?id=170

佐渡スーパーコシヒカリ
「ドンデン山荘」
新潟県佐渡市椿697番地
Tel. 0259-23-2161
5kg ¥5,800
http://www.ryotsu.sado.jp/donden/superkoshihikari.htm

平成7年から連続10年間、グランプリ等各賞を独占した稲職人・相田康明氏の「佐渡ウルトラスーパーコシヒカリ」。

魚沼のコシヒカリ農家の団体をはじめ、県内はもとより、富山や福島や茨城の篤農家が毎年視察に「佐渡通い」しています。(魚沼のコシヒカリ農家は玄米を買い求め、品切れの節は予約を入れて帰ります)

脱穀された日本一の籾が運搬車に搭載されます。これは2台ある乾燥機で、断続的に何10回となく熱を加え、風を当て、通常1日のところを3昼夜かけてじっくり乾燥させ天日干しに限りなく近い状態にします。
臼すり後は旧式の選別機3個口で選別した一番よい玄米を、さらに新式の選別機にもう一度かけてから袋詰めします。精米は熱を持たない低温精米機で行われます。


【生産者相田康明氏インタビュー】

聞き手 「指定水田の特栽超々最高級米は、どんなお米ですか」
相田  「新潟県知事賞初め数々の賞を連続受賞させて頂いた栽培方法に、更なる安全性と
     カキ穀農法独自の水と土壌作りに改良を加えて作り上げたのが超最高級米です。
     そのうち連年最も作柄の良い指定水田で栽培された厳選超々最高級米が、この指定
     水田特別栽培米です」

聞き手 「水田のカキ殻農法の開発者は相田さん自身でしたね。何かきっかけがあったのですか」
相田  「井戸水を引いて庭園で飼っていた鑑賞用の鯉が、ある日突然元気がなくなり色も悪くなり
     ました。この時にカキ殻で水を浄化すると良いと聞いて実践すると、鯉がみんな元気を取り
     戻し、肌色も鮮明に蘇って来ました」

聞き手 「大正解でしたね。それでどうしたのですか」
相田  「あまりの効果に驚いたことと、カキ殻には人体に必要な亜鉛のミネラルがあることを知って
     いましたので、これで稲をさらに元気に出来るのではないかと研究に取り組みました」

聞き手 「食物から亜鉛を摂取するための食材は、沢ガ二とカキしか無いそうですね。
     ところが沢ガニはほとんど居ない、今やカキだけが頼りです。そのカキ殻にも適量な亜鉛が
     あって良かったですね」
相田  「本当によいものにめぐり逢えたものです。鯉さんのお陰です」

聞き手 「カキ殻農法の全国普及でよかったこととか、困ったエピソードはありますか」
相田  「日本農業新聞が成功を聞きつけて取材にきました。その内容を系列の『現代農業』が大々
     的に取り上げ、一気に広まりました。困ったのは軽トラ一台分千円だったのに、ある日突然
     千五百円だと言われたことです。島外から8トントラックが買い取りに来るようになった、カキ
     殻を稲作に使うとこんな効果があると開発当人とも知らずいろいろ説明までされる始末で、
     苦笑しながら帰宅しました」
     
聞き手 「農法上の特徴を教えて下さい」
相田  「大きな特徴は、魚に含まれている豊富な高タンパクDHD、アミノ酸、ビタミン等を酸素
     分解し、米ぬか、海藻を混ぜた有機肥、アルカリ性のサトウキビ糖蜜による微生物の
     土壌改良により作り上げたお米です」「化学肥料による栽培の5~6倍も経費や手間を
     使い、コツコツ栽培しました」

聞き手 「最高のお米づくりにこだわる理由は何でしょうか」
相田  「佐渡の風土を生かし、日本一美味しい米作りを目指して、費用とか手間を考えず現在
     に至っています」

聞き手 「採算を度外視した稲職人のこだわりであり、ロマンですね。佐渡産白いダイヤモンド米の
     内容がよくわかりました」「これでは魚沼のコシヒカリ農家が毎年研修に通い、相田さんの
     お米を買って帰るわけですね。他にどこからの研修が多いですか」
相田  「県内一円と福島県や富山県、茨城県、首都圏が多いです。新潟県庁の農政関係者や、
     東京大学の先生方や、学生さんも毎年来られます」

聞き手 「消費者への一言をお願いします」
相田  「炊きたてはもちろん、冷えても、甘さ、香り、粘りを失わない絶品のコシヒカリ米です。
     おかゆでお召し上がりになられますと、なお一層甘くてとろけるような味わいをご堪能いた
     だけます」

聞き手 「おいしくいただくコツを、お聞かせ下さい」
相田  「お米は軽く、手早く磨いて水を流し、3回くりかえしてください。炊く前に1時間以上水に浸してから
     普通に炊飯して下さい。炊き上がったらすき返して10分程度むらしてから戴いて下さい」
     「赤ちゃん、病弱の人、食欲のない人、肥満の人達には、おかゆをお勧めいたします。
     満腹感がありながら消化吸収がよく、体力の増強にとても良いと思います」
     「なお、浄水器があれば、そのアルカリイオン水でお米を磨くと、さらに絶妙な食味を引き出
     せます」

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
107  106  105  104  103  102  101  100  99  98  97 
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
魚沼コシヒカリ.com
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1954/01/01
職業:
農業
趣味:
スキー・読書・インターネット
自己紹介:
私は、魚沼産コシヒカリを水口の水が飲める最高の稲作最適環境条件で栽培をしています。経営方針は「魚沼産の生産農家直販(通販)サイト」No1を目指す、CO2を削減した高品質適正価格でのご提供です。
http://www.uonumakoshihikari.com/
魚沼コシヒカリ理想の稲作技術『CO2削減農法研究会』(勉強会)の設立計画!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

designed by 26c. / graphics by ふわふわ。り