忍者ブログ
平成22年 第12回「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(松江市)有機栽培・JAS認定部門で特別優秀賞を受賞。(食味90・味度83・計173点) 平成25年、第15回魚沼と第16回北京開催運動中! 無農薬魚沼産コシヒカリ生産農家・理想の稲作技術『CO2削減農法』 http://www.uonumakoshihikari.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

http://www.risonare.com/cuisine/cuisine04.html

 日本のリゾートを次々と再生させている星野リゾートは、リゾートで提供する食にも力を入れている。その地域ごとに特徴があり非常に高い品質の食を宿泊客に提供することが、リゾート産業を発展させるために不可欠と考えているからだ。

日本を高級ワインの生産地に!

その中で、最近、特に力を入れ始めたのが日本のワインである。ワインと言えばフランスやイタリア、ドイツ、スペインなどの欧州や米国のカリフォルニア、南米のチリ、オーストラリア、南アフリカなどを思い浮かべるが、どっこい、日本もワインの一大産地になろうとしている。

 日本のような湿潤な気候はワイン用のブドウ栽培にはあまり適さないと思われていたせいか、既に大産地となっているワイン王国には到底かなわないと思っていたからか、これまではあまりワイン生産に本腰が入っていなかった。

 しかし、ここ10年あまりで日本のワインは格段に進歩を遂げている。栽培方法に工夫を凝らし、世界市場に出しても遜色ない素晴らしいワインが造られ始めている。

 星野リゾートの星野佳路社長はこう話す。

 「フランスのワインが有名になったのは、フランスに旅行に来てフランスワインに惹かれた観光客が、お土産に持って帰って世界中に広めたからなんです」

 「日本にもそのチャンスは必ずあると信じています。これからさらに手を加えていけば、例えば、星野リゾートで食事の時に堪能してもらった日本のワインを、それも1本1万円するような高級ワインをお土産に買ってもらえるようになる可能性は十分にある」

星野社長が惚れ込んだ女性!

 その星野社長が惚れ込んだ女性がいる。もちろん、奥さんとは別の意味で。池野美映さんである。若くして日本を代表するワイン醸造士の1人だ。フランスの国家資格であるワイン醸造士の資格も持つ。

 池野さんは今から3年前、星野リゾートが運営する山梨県小淵沢にある高級リゾート、リゾナーレのすぐ近くにあった桑畑をワイン畑に改良、約2ヘクタールの土地で葡萄の木を栽培し始めた。そして2009年6月には農業生産法人レ・パ・デュ・シャを立ち上げて代表となった。

 現在、赤ワイン用にピノノワールとメルロー、白ワイン用にシャルドネを栽培している。2007年に3300本、2008年に2200本、2009年に800本を植樹した。

 収穫した葡萄からワインがようやく作れるようになり、わずかながら出荷も始まった。星野社長はその出来栄えに満足の様子だ。

 その証拠に、出来上がったワインを試飲しながら、池野さんは「売価2500円くらいで愛好家に満足してもらえるワイン造りをまずは目指します」と謙虚に話す一方で、星野社長は早くも「1本1万円のワインもいけるんじゃない」と期待を込める。

 日本を世界的に有名なワイン産地にしたいと意気込む池野さんと高級ワインリゾートを目指す星野社長。作る側と売る側が二人三脚で進めるワイン作りは、今まで考えられなかったような新しい発展を予感させてくれる。(次ページから連載第1回)

9月、シャルドネが太陽の光を受け透き通って輝き出すこの季節になると、落ち着かない気分になる。もうすぐ収穫の時期がやってくるのだ。

抜けるような青空と残雪のコントラストに予感させられた!

初春の剪定作業から矢継ぎ早に押し寄せる栽培作業に追われているうちに、気がつくといつもこの時期になっている気がする。

 山梨県と長野県の県境にある小淵沢を初めて訪れたのは2006年の初夏のことだった。長野県側から国道141号線の急な曲がりくねった山道を登り詰めると一面の野辺山のレタス畑が眼下に広がっていた。

 その背後には堂々とした八ヶ岳連峰がそびえている。初夏と言っても高原の風は冷ややかで峰々にはまだ雪が残っていた。

 抜けるような青空と残雪のコントラストが眩しく、八ヶ岳の圧倒的な存在感と美しさが迫ってきて息を呑むほどだった。それは新しい始まりを予感させるには十分すぎる、気持ちのいい朝だった。

 私はその日、小淵沢のリゾートホテルで待ち合わせをしていた。相手は星野リゾート社長の星野佳路氏である。

旅館やリゾート再生のカリスマ経営者として既に有名になっていた星野氏は多くのメディアに囲まれ、多忙を極めていた。

 星野氏とは同郷ということで以前から面識があったのだが、フランス留学から一時帰国している時に連絡をしたことから、メールでのやりとりがこの日まで続いていた。

 再会の約束をしたものの、直接話をすることはそう容易いことではなかった。時が刻々と過ぎる中、ようやくこの日、その日がやってきたのだ。

 待ち合わせ場所に指定されたのはイタリアの中世の山岳都市をイメージして造られたという豪華なデザイナーズホテル《リゾナーレ》だった。

ここが日本かと見まがうほどの景観に目を奪われつつ目的場所に向かって回廊を歩いていると、このホテルは星野氏のリゾート再生案件の記念すべき第1号だと、新聞に以前出ていたのをぼんやり思いだした。

日本を活性化するには地方が元気にならなくてはならない

約束の時間に現れた星野氏は、黒のTシャツスタイルのカジュアルないでたちで、世でいうカリスマ経営者像とは別人のように気さくな笑顔で出迎えてくれた。

 「こんにちは。長い間お待たせしてすみませんでした」

 分刻みでスケジュールをこなしている星野氏のこの第一声は私をすごく恐縮させた。

 ランチをしながら話をすることとなり、北欧風のインテリアがおしゃれなホテル内のレストランに案内された。

 実際に約束をしてから時は経過していたが、その間メールで連絡を取り合っていたのでこの日の話はそれほど時間がかからないはずだった。

 話の趣旨はこういったものだ。星野氏は、私のワイナリーを作りたいという話に興味を持っていた。氏も小淵沢にワイナリーがあればいいとちょうど思っていたようだった。

 「日本の観光を活性化していくためには、地方が元気にならなくてはいけない。もっともっと地域の魅力をつくって発信していく必要がある。それはリゾナーレのある小淵沢も同じことだ。山梨と長野の県境にある立地を活かしたワイナリーがあればありがたい」

 これは、ワイナリー設立を目指す私にとっては、願ってもない話であった。考えるまでもなく話は進み、私はその後まもなく行動を開始した。

 フランスで学んだことをすぐ生かせる機会に巡り会うことができたのは、今考えてもただただ幸運だったとしか言いようがない。(つづく)

池野 美映 Mie Ikeno エノログ。
フランス国家資格ワイン醸造士 (Diplôme National d’Œnologue) 2001年より渡仏し、国立モンペリエ大学薬学部D.N.O.専攻にて2005年ディプロム取得。公立ワイン技術研究所での研修、南仏やブルゴーニュでのワイナリー勤務を経て現職。フランス、スペイン、モナコ等国際ワインコンクールの審査員を務める。
http://allabout.co.jp/gm/gc/216511/



*ワイン王国・山梨での新たな取り組み!


ぶどう栽培から醸造までホテルが一括管理し、オリジナルワインの生産へ!

2009/02/26 小山田貴子

至れり尽くせりの空間。それでも足りないものって?

山梨県北杜市小淵沢町。高原リゾートというと軽井沢や清里に注目が集まりがちだが、ここ小淵沢は東京からなら電車でも車でも約2時間で到着するリゾート地である。そんな小淵沢に1992年に誕生したリゾートホテルが「リゾナーレ」である。

JR小淵沢駅から送迎バスで3分。雄大な八ヶ岳のパノラマの歓迎を受けながら到着した。同ホテルは、イタリア・インダストリアルデザイン界の巨匠として知られるマリオ・ベリーニが、中世の山岳都市をイメージしてデザインしたという。ホテル内を散策すると、円錐形の建物が現れる。その奇抜ともいえるフォルムと連なる山々とが清涼な高原の空気に映え、思わずウンベルト・エーコの「薔薇の名前」の修道院を重ね合わせてしまった。

同ホテルには、南アルプス・八ヶ岳が一望できる宿泊施設はもちろん、レストラン、チャペル、スパ&プール、温浴施設、そしてカフェやブックストア、ブティックなどから成るショッピング街が集結している。開業は前述の通り1992年だが、2001年に運営が星野リゾートにかわってからは、その充実振りがさらに発揮されている。

メインダイニングは、政井茂シェフが腕を振るうイタリアン「OTTO SETTE」(オットセッテ)。地元の食材を使ったスタイリッシュな料理を提供する。巨大なワインセラーにはイタリアワインのみならず、秀逸な国産ワインやシャンパーニュも充実している。日が沈んでからは、露天温浴施設「もくもく湯」に行くのがオススメ。ゆらゆらと立ち上がる湯けむりの中、空を見上げると無数の星を見ることができ、なんとも神秘的である。

つまり、何が言いたいかというと、このホテル着いたなら、施設から一歩も出ることなくすべてがまかなえてしまうということである。しかもすべてが贅沢に……。

しかし、それでも「何かが足りない」と2006年8月、星野リゾート・八ヶ岳のスタッフとして一人の女性が入社した。池野美映さんである。

初めて会ったときは、服装はラフであったが「敏腕の美人営業マネージャーかな」と思うほど笑顔がチャーミングで、気勢にあふれる女性と感じられた。そして彼女と挨拶をしたとき、「何か足りないもの」がすぐにわかった。名刺に「ワインプロジェクト ディレクター」と刷り込まれていたからで、「足りないもの=ワイン」だったのだ。

今リゾナーレでは、自社でワインを生産するプロジェクトが稼動し始めていて、その責任者として池野さんが起用されたのである。

「ワイン特区」認定が追い風に!

経済誌の編集をしていた池野さんは、もともと「人が好き」「自然が好き」「文化が好き」。それらを集約していった結果、行き着いた先がワインであったという。そうなれば行動は早い。

フランス国立モンペリエ大学で栽培醸造学を3年間学び、フランス国家資格ワイン醸造士(D.N.O)を取得。その後ブルゴーニュなどの醸造所に勤務して帰国。そして、リゾナーレのプロジェクト参加となったわけだ。

「ワインプロジェクト ディレクター」という肩書きだけでは、ピンとこない人もいるかもしれない。基本的には、ぶどうを育てるところからワインにするまでの全般を手がける仕事とのことだ。ぶどうが収穫されるまでは畑と格闘し、収穫されたら今度はワイナリーでワインを仕込む。これはもう、想像を絶する知力と体力を必要とする仕事なのである。そんなわけで、ワインを造るにはまずぶどうありき、である。山梨といえば、勝沼という日本ワインの銘醸地があるように、ぶどう栽培には適しているはずだ。さらに、2008年11月11日、同ホテルがある北杜市が「ワイン特区」に認定されるという追い風も。つまり、最低製造量の規制が緩和されたため、自家栽培・自家醸造で質のよいワイン造りが可能になったのである。

完全自社生産のワインを目指して!

ホテルから車で10分ほど下った下笹尾地区。ここにリゾナーレが管理するぶどう畑がある。標高750m。甲斐駒ケ岳、八ヶ岳、晴れた日なら富士山まで見渡せる高台である。日照量は日本一。何より寒暖の差が大きいため、ph、酸、糖のバランスよいぶどうが採れるという。土壌は関東ローム火山灰であるが、池野さんは土壌よりも、「この気象条件でどの品種を植えるか」が重要だという。

ここに、もともとNPO法人が植えていたシャルドネ、メルロー、ヤマトナデシコの600本の苗に加え、ピノ・ノワール、シャルドネ、メルロー(2007年に3,300本、2008年に2,200本)をリゾナーレが新たに植えた。そして2010年、いよいよリゾナーレの敷地内にワイナリーが完成する予定となっている。最終的には年間130,000本のワイン生産を目指し、自社畑だけで採れたぶどうを使うというリゾナーレ独自のワイン造りが着々と進められている。

何もかもが揃っている完璧なホテルかと思われたリゾナーレ。そんな中でも同ホテルで働く人々が「何かが足りない」と感じていたのは、「地元の物産を販売し、八ヶ岳文化を発信することで地域の活性化につなげること」ということだったのだ。その手段として、地域性を生かしたワイン造りが選ばれ、そして2010年にリゾナーレは"ワイナリーリゾート"として生まれ変わるのである。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
465  464  463  462  461  460  459  458  457  456  455 
カレンダー
05 2020/06 07
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
魚沼コシヒカリ.com
年齢:
66
性別:
男性
誕生日:
1954/01/01
職業:
農業
趣味:
スキー・読書・インターネット
自己紹介:
私は、魚沼産コシヒカリを水口の水が飲める最高の稲作最適環境条件で栽培をしています。経営方針は「魚沼産の生産農家直販(通販)サイト」No1を目指す、CO2を削減した高品質適正価格でのご提供です。
http://www.uonumakoshihikari.com/
魚沼コシヒカリ理想の稲作技術『CO2削減農法研究会』(勉強会)の設立計画!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

designed by 26c. / graphics by ふわふわ。り