忍者ブログ
平成22年 第12回「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(松江市)有機栽培・JAS認定部門で特別優秀賞を受賞。(食味90・味度83・計173点) 平成25年、第15回魚沼と第16回北京開催運動中! 無農薬魚沼産コシヒカリ生産農家・理想の稲作技術『CO2削減農法』 http://www.uonumakoshihikari.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

仙谷由人
http://y-sengoku.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E8%B0%B7%E7%94%B1%E4%BA%BA
凌雲会
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%8C%E9%9B%B2%E4%BC%9A

7月4日11時36分配信 読売新聞

仙谷官房長官が政権内で存在感を増している。行き過ぎた「政治主導」などの鳩山前政権の失敗を教訓にしようと、閣僚や官僚との関係作りに腐心している。

 仙谷氏は2日、和解協議に入ったB型肝炎訴訟の対応を相談するため、首相官邸を抜け出し都内で長妻厚生労働相と会談した。周辺は「電話一本で済ませるのでなく、食事の時間などをうまく使って、内閣の一体感を作り上げようと努力している」と語る。枝野幹事長ら民主党執行部と頻繁に会談するのも、コミュニケーション重視の「仙谷流」だ。

 仙谷氏は、官僚との関係も修復を図っている。官僚出身の滝野欣弥氏ら3官房副長官に副長官補や内閣総務官ら7人の官邸スタッフを加えた幹部会議を設置し、自ら「3プラス7」と名付けて週1回開くことにした。官房長官の事務秘書官も5人から7人に増員し、各省の政務三役との面会には必ず同席するよう指示しているという。

 鳩山前政権では、閣僚が首相に相談なく政策を打ち出したり、予算編成を巡って閣僚同士が衝突したりと、閣内不一致がたびたび露呈した。「政治主導」を叫んで官僚を排除した結果、官僚の離反も招いた。仙谷氏が閣僚や官僚との関係作りを重視するのは、こうした事態を招いたことへの反省からで、「就任以来、政治主導という言葉を禁句にしている」(周辺)という指摘もあるほどだ。

 仙谷氏は、参院選で消費税率引き上げに積極的な発言を繰り返す菅首相に、「丁寧な説明を」と苦言を呈しており、党内では首相のブレーキ役も期待されている。ただ、仙谷氏自身も激しやすい側面があり、「弁が立ちすぎる分、失言が怖い」という声も少なくない。



「遅れてきた実力者」仙谷由人国家戦略担当相(64)?

「新党『たちあがれ日本』は、敬老会青年部」「学生時代の『代返』と、国会議員の代理投票は違います」。政界で「事件」があるたび、とぼけた言葉で寸評するのが仙谷由人国家戦略担当相(64)だ。郵貯の預入限度額引き上げ問題でも、国民新党の亀井静香代表の方針に「聞いていない」と真っ向から異議を唱える。鳩山由紀夫首相、菅直人副総理と週一回の「新トロイカ」昼食会を開き、菅氏に続いて官邸に個室を持った。そんな仙谷氏の狙いはズバリ、「ポスト鳩山」だ。

「菅氏とは同い年、鳩山由紀夫首相の一歳上という割にはベテランのイメージがある。代表を経験し手垢のついた菅氏、岡田克也外相、前原誠司国交相より新鮮味があり、安定感もある」(民主党関係者)。何より民主党最大の実力者、小沢一郎幹事長と距離が遠いことも「ポスト鳩山」には好影響だ。

 弁護士時代、同じ事務所の後輩に社民党の福島瑞穂党首がいた。土井たか子委員長の下、九〇年衆院選で初当選し、社会党「ニューウェーブの会」で現実路線の旗をふり、ホープとして期待された。

 ところが政権交代が起こった九三年衆院選で落選。これが人生を変えた。本人も後になって「オレがいないのに、なんで与党なんだ?」と悔しさを隠さなかった。九六年衆院選で民主党から返り咲いて以降は金融国会で政策新人類として活躍し、前原グループの「親分」として、若手の後見役を任じている。

 仙谷氏の「野望」が永田町で話題になったのは、公明党の矢野絢也元委員長の長男を正式に公設第二秘書にしたこともきっかけ。矢野氏は周知の通り、創価学会とは裁判闘争を繰り広げている学会の“敵”。秋谷栄之助前会長が二月末に突然、小沢氏と会談したのも「仙谷氏をけん制するため、対立する小沢幹事長と誼(よしみ)を通じておく目的が大きかったと言われている」(関係筋)。小沢氏と学会を動かすほどの影響力が、仙谷氏にはあるというワケだ。

 事業仕分けで名をあげた枝野幸男氏を行政刷新担当相に推薦したのも仙谷氏。前原氏や野田佳彦財務副大臣ら七奉行の中では「唯一、小沢氏に対抗できる手腕がある」との評も出てきた。〇二年には胃癌も患ったが、現在は健康そのもの。参院選前に内閣改造があれば、小沢氏の後任幹事長にも取りざたされる。「遅れてきた実力者」、仙谷氏の動向から目が離せない。

(週刊文春2010年4月22日号「THIS WEEK 政治」より)

高井美穂
http://www.takaimiho.com/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E4%BA%95%E7%BE%8E%E7%A9%82

高井美穂は、四国に仙谷民主党王国を構築するために民主党県連有志が体を張って売り出した知性的美女。四国から続々と高井美穂に続く逸材が出て政権交代の一翼を担った。「まず隗(高井)?!より始めよ。」は大成功!!いずれ仙谷さんは総理になる。

http://plaza.rakuten.co.jp/lawyer/ より
PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
192  191  190  189  188  187  186  185  184  183  182 
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
魚沼コシヒカリ.com
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1954/01/01
職業:
農業
趣味:
スキー・読書・インターネット
自己紹介:
私は、魚沼産コシヒカリを水口の水が飲める最高の稲作最適環境条件で栽培をしています。経営方針は「魚沼産の生産農家直販(通販)サイト」No1を目指す、CO2を削減した高品質適正価格でのご提供です。
http://www.uonumakoshihikari.com/
魚沼コシヒカリ理想の稲作技術『CO2削減農法研究会』(勉強会)の設立計画!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

designed by 26c. / graphics by ふわふわ。り