忍者ブログ
平成22年 第12回「米・食味分析鑑定コンクール:国際大会」(松江市)有機栽培・JAS認定部門で特別優秀賞を受賞。(食味90・味度83・計173点) 平成25年、第15回魚沼と第16回北京開催運動中! 無農薬魚沼産コシヒカリ生産農家・理想の稲作技術『CO2削減農法』 http://www.uonumakoshihikari.com/
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


北マリアナ諸島
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8C%97%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%8A%E8%AB%B8%E5%B3%B6

テニアン島
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%86%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%83%B3%E5%B3%B6



2010/05/25 18:45 【共同通信】

米自治領・北マリアナ諸島のテノリオ下院議長やテニアン市のデラクルス市長らが25日、広島市を訪れ原爆資料館や原爆ドームを視察。サイパン市の依頼を受け、秋葉忠利広島市長が会長を務める平和市長会議への同市の加盟を申請した。

 テノリオ下院議長は秋葉市長との会談で、広島・長崎に投下された原爆が、いずれもテニアン島からB29爆撃機で運ばれた歴史的因縁について「悲劇的な出来事だ」と言及。「わたしたちは核兵器廃絶に力を尽くすことを誓い、広島市長をサポートしたい」と述べた。

 デラクルス市長も「8月6日の平和記念式典に参加したい」と話した。テニアン市は2003年に平和市長会議に加盟している。

 テノリオ下院議長は視察後、「広島で起きたことは聞いていたが、ここで実際に目にして理解できた」と感想を述べた。



2010年5月27日 カナコロニュース

来日中の米自治領北マリアナ諸島連邦テニアン市のラモン・デラクルス市長は26日、米軍普天間飛行場移設問題をめぐり「仮にテニアン市への移設が実現すれば日本も沖縄もテニアンも幸せになれると確信している」と、あらためて米軍部隊受け入れに前向きの姿勢を示した。参院議員会館で会見した。

 デラクルス市長は、日本政府が移設先を沖縄県辺野古周辺とする方針であることに、「朝鮮半島の情勢などを考えると仕方ないとは思うが、日本とグアム、テニアンにきちんと軍事プレゼンスがあればこの地域の安全保障はより強固になるのではないか」との見方を示した。

 市長によると、島の土地の3分の2を米軍に貸しているが駐留部隊がないことなどから経済効果が薄く、市側の利用もできずに経済発展が妨げられた状態が30年以上続いているという。

 沖縄等米軍基地問題議員懇談会副会長として会見に同席した民主党の斎藤勁氏(衆院比例南関東)は「沖縄県民が県内移設を認めていない中、テニアン側の動きは大変重要だ」と訴えた。



森原秀樹ブログ(社民党参議院東京選挙区候補)2010年05月26日(水) 20時56分11秒

普天間移設問題の「5月末決着」に向けて、連立与党内の協議が加速している。

とにかく、ものすごいスピードで情報が乱れ飛ぶ。瞬時の判断によって沖縄の人々の運命が左右されてしまう。現行日米合意での年内決着先送りをかけてたたかった昨年11月末、官邸の沖縄基地問題検討委員会への移設案提出をめぐってたたかった3月を経て、政権交代以来最大の緊張感。なんとしても辺野古への新基地建設・県内移設を防ぐために、党一丸となって頑張っている。スピードに負けないよう、全力で先回りをしてくさびを打ち込み続ける。いまこそ、たたかい続けなければいけない時だ。

報道されている(両外務・防衛相の)共同声明には「名護市辺野古周辺」を明記し、それを実行する日本政府対処方針には具体的地名を書かないとの方向のようだ。「対処方針」なるものが閣僚の署名を要するものになるかどうかは不透明。鳩山総理は閣議開催にこだわっているという情報もある。閣議は28日(金)朝の見通し。その前に連立3党の党首クラスによる基本政策閣僚委員会で確認がなされる。閣議を必要としない両国外務・防衛相の共同声明に「名護市辺野古周辺」が明記される方向は間違いないようだ。なんとかしてそれを覆して、政府対処方針にも具体的地名を表記させずに、今後もぶれずに与党内で闘い続けられる道はないものか。

政局絡みの報道ばかりが溢れているが、あくまでも、「沖縄の思い」を腹に据えて頑張る時だ。

北マリアナ連邦・テニアン市長らの記者会見は無事終了した。福島党首はじめ社民党議員との会合、沖縄等米軍基地問題議員懇談会の会合(民主党議員中心)も行なった。結局、準備を手がけたこともあって、通訳と会見の進行まで務めさせて頂いた。UST中継しなかったことが悔やまれる。

4月16日(上院)、同30日(下院)での普天間基地誘致決議を携えた来日した一行は、明確に「普天間基地の移設先としてテニアンを」と言った。「テニアンに移設すれば、沖縄、日本、テニアンの人々みんなが幸せになる」とも。通訳はなんとか…。英語は使い続けないとすぐに錆びる。

繰り返しになるけれど、鳩山総理は5月4日の名護市長との会談時に、「将来的にはグアム・テニアンへの全面的移設もあり得るが…」と明言した。総理は、「勉強すればするほど、在沖縄海兵隊の抑止力の必要性が分かった」と述べているが、私としてはまったく逆で、この数ヶ月間、勉強すればするほど、沖縄に海兵隊がいなければならない理由はないことを確信した。「将来的には…あり得る」のであれば、沖縄に、恒久的な基地を造らねばならない必然性はないはずだ。

「国外移設」は非現実的だとする政権中枢に、テニアンからの声をしっかりと届けて、ぎりぎりのところまで、社民党がぶれずに頑張り抜けるよう全力を尽くしたい。

PR
この記事にコメントする
NAME
TITLE
COLOR
MAIL
URL
COMMENT
PASS   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
135  134  133  132  131  130  129  128  127  126  125 
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フリーエリア
最新コメント
最新トラックバック
プロフィール
HN:
魚沼コシヒカリ.com
年齢:
65
性別:
男性
誕生日:
1954/01/01
職業:
農業
趣味:
スキー・読書・インターネット
自己紹介:
私は、魚沼産コシヒカリを水口の水が飲める最高の稲作最適環境条件で栽培をしています。経営方針は「魚沼産の生産農家直販(通販)サイト」No1を目指す、CO2を削減した高品質適正価格でのご提供です。
http://www.uonumakoshihikari.com/
魚沼コシヒカリ理想の稲作技術『CO2削減農法研究会』(勉強会)の設立計画!
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]

designed by 26c. / graphics by ふわふわ。り